インフルエンザにA型どB型の種類があるのはご存知でしょう。ですがそれぞれにどのような症状が出るのかまでご存知ですか?インフルエンザにかかる前から色々な知識を当サイトでつけていきましょう!!

  • ホーム
  • インフルエンザの感染経路とかゆみについて

インフルエンザの感染経路とかゆみについて

インフルエンザはたいてい20℃以下湿度20%の環境を好み、湿度が低くなるほど発生しやすくなります。
また、狭い部屋の中ではウイルスが浮遊して感染しやすくなります。

感染経路としてこの空気感染の他に、感染しやすい飛沫感染があります。
これは感染した人から発されたクシャミや咳の中にウイルスが含まれており、それを吸い込んだことによって感染する感染経路です。
このケースが一番可能性が高いとされています。

最後に、接触感染というものがあります。
これは生活環境の中のドアノブやスイッチ、電車のつり革や買い物カゴなど他人と共有して触れる部分についたウイルスが自分の手に付着し、それに触れた手で手や口、鼻をこすったり物を食べたりすることで感染するケースです。

インフルエンザにかからないようにするためにうがい手洗いや予防接種を受けますが、その中でも予防接種による副作用もあります。
注射した場所が腫れたりかゆみや熱が出たりするといった風邪の初期症状に似た症状が出ます。
これは10~20%という低い確率で起こり、他にも卵アレルギーを始めとしたアレルギー反応により、じんましんや発疹、湿疹やかゆみを出す場合もあります。
そのため、予防接種を受ける際には病院にアレルギーを告げておく必要があります。

もしもかゆみが出てしまった場合には搔いたりせずに我慢し、冷やすようにして対処します。
たいていは数日ほどでかゆみなどの副作用が治まるため、無意識で搔いてしまっても被害を軽減させるために爪を短くしておくなどしておきます。

腫れやかゆみが広がるような場合や我慢の出来ないかゆみが続く場合にはすぐに医療機関を受診して、悪化するのを防ぐ必要があります。